笠置クライミングクラブ(KCC)オフィシャルサイト 笠置山のクライミング・ボルダリングの最新情報をお伝えします

トップページ  >  ブログ

2020年2月5日

【新エリアオープニングイベント参加券&トポセット】

恵那笠置山クライミングエリアの新エリアのオープニングイベント(4/11(土曜)開催)の参加申し込みが、ふるさと納税サイトで開始されています。

もちろん新しいトポ(かもしかエリア、里東エリア、里西エリア)もついてきます。
100人、募集中です。

ご検討よろしくお願い申し上げます。

新エリアは、かもしかエリアと里東エリアです。
三月発行のロックアンドスノー誌では新エリアが一部紹介されます。こちらもお楽しみに。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/21210/4790469

2019年12月23日

新エリア公開イベントの日程が決まりました。

2020/4/11(土曜)です(悪天時は翌週土曜日4/18)。

新エリアは、カモシカエリア、里東エリアから構成されています。新エリアオープンにより、里エリアから大岩ごけエリアがつながることになります。

 

参加申し込み開始日や申し込み方法は後日お知らせいたしますので、参加ご検討どうかよろしくお願い申し上げます。

なお、新エリア公開イベント日には、新エリア+里西エリアが掲載された新しいトポもリリースされます。

それでは、2020/4/11(土)、新エリアでお会いすることを、開拓者一同、心より楽しみにしております。

2019年12月13日

【ふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)よろしくお願い申し上げます!!】

日本一のクライミングエリアを目指します。
『笠置町』と『笠置山クラミングエリア』を応援してください。

・返礼品にトレーニング用ラングが追加されました。

・年間パスポートは実質2000円です(初回のみ入会金1000円が別途必要)

恵那市のふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)は、寄附いただいた方の思いが直接届くよう、寄附金の活用先(地域、教育、交通機関)を選ぶことになっております。

笠置町を選んでメッセージ欄に「笠置クライミングエリアを応援します。」とご記入いただければ、皆さまの善意の寄附は笠置町とクライミングエリアに届きます。

寄付金は新エリア(令和2年3月オープン予定)の整備や施設の拡充(トイレ、シャワー室)に活用します。

ふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)とは?

恵那市笠置町に10千円以上寄附いただくと、その金額から2千円を差し引いた額が所得税と個人住民税から控除されます。ただし、控除限度額には注意してください。

寄附金額に応じた返礼品を恵那市の中から選んでください。(ふるさとチョイス)

笠置町は寄附金を活用しまちづくりを進めます。

まずは「ふるさと納税」還付・控除限度額を確認しましょう!!

ふるさと納税では、控除上限額内の寄附であれば、寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、所得税や住民税から還付・控除を受けられます。

ただし、控除上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、ひとり一人が控除上限額を知っておく必要があります。

ふるさとチョイスにて控除上限額で目安が算出できます。

笠置クライミングエリアHP http://kasagiclimbing.com/
お問い合わせ先
笠置地域協議会(笠置振興事務所内)

 0573-27-3155
FAX 0573-27-0005

2019年12月13日

以下の予定で、クライミングエリア内で間伐が実施されます。危険があるので、間伐期間中は間伐エリアへの入山は控えていただきたいとのことです。

間伐期間 2020.1.10-2.7 土日祝は除外
時間 8:15-17:00

 

なお、どうしても間伐エリア内に入いる場合は間伐者から30mは離れるよう、くれぐれもお願いいたします。

間伐エリアは写真をご覧くださいませ。

 

2019年12月13日

記帳所に届いた忘れものです。こころあたりのある方はご連絡くださいませ。

2019年11月14日

11/13、新エリアのトポに関するKCCの最終ミーティングが開催されました。

ミーティングでは、新エリアでKCCが開拓した岩と課題の最終チェックが行われました。その概要は以下です。

ボルダー
岩の数 110個
課題数 273本
グレード 10級〜初段/2段

ルート(TR課題を含む)
岩の数 6個
課題数 18本
グレード 5.8〜5.11+

新しく発行されるトポには、上記に、小山田さんと小山田さんの開拓講座で開かれた課題が加わります。

新エリアとトポ、どうかご期待下さいませ!

新エリアトポ発行と新エリアオープン時期については、またお知らせいたします。
概ね、桜の咲く頃を目安としていただれば。

2019年10月17日

各地で大きな被害をもたらしている台風19号、関東甲信の岩場にも被害が出ています。
一刻も早く復旧、復興しますように。

笠置山クライミングエリアは幸いにも雨脚が弱く被害はありませんでした。通常通りクライミング可能です。

林道、一部、拡張されました。

2019年10月17日

もうすぐ里エリア売店上にミーティングルーム、ベンチ、BBQエリア、テントサイトが完成します。

講習会、ミーティング、懇親会などに、ぜひご利用ください。

ミーティングルームでは携帯やPCの充電ができます。
ポットでお湯を沸かしたり炊飯器でご飯も炊けます。

昼は、外のベンチでバーベキュー。
夜はミーティングルームでストレッチやクライミング談義などいかがでしょうか?

テントや車にシェラフを拡げた後、ランタンの灯りの下、ミーティングルームで、しばし静かに読書というのも良いかもしれません。

使用料金 1500円/日/人

詳細及びご予約は以下までご連絡くださいませ。
09026125635

2019年6月6日

6/2(日)笠置山クライミングエリアの里エリアで実施された子どもサーキットは、ケガもなく、大好評のうちに16時前に終了いたました。

参加者は27名。中には富山、塩尻、浜松からお越しのグループもいらっしゃいました。

里エリア売店横で行われた開会式の後は、三グループに分かれ、今回のために開拓した約20個の岩に設定された課題に果敢にチャレンジされていました。

開始直後は、初対面ということで、お互いにモジモジしていましたが、同じ課題に代わる代わるトライするうちに、あそこはこうしたらどうかな、こんな感じ、などと楽しそうに登り方について話しあうほど、すっかり打ち解けて仲良くなっていました。

今回のイベントは皆さまに大好評で、またぜひ参加したいとのメールも寄せられ、スタッフ一同、がんばった甲斐があったと満足感でいっぱいです。

今年度中に第2回を実施しては、との声もあがっておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

2019年5月21日

ふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)

日本一のクライミングエリアを目指します。

『笠置町』と『笠置山クラミングエリア』を応援してください。

 

恵那市のふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)は、寄附いただいた方の思いが直接届くよう、寄附金の活用先(地域、教育、交通機関)を選ぶことになっております。

笠置町を選んでメッセージ欄に「笠置クライミングエリアを応援します。」とご記入いただければ、皆さまの善意の寄附は笠置町とクライミングエリアに届きます。

寄付金は新エリア(令和2年3月オープン予定)の整備や施設の拡充(トイレ、シャワー室)に活用します。

 

 

 

ふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)とは?

 恵那市笠置町に10千円以上寄附いただくと、その金額から2千円を差し引いた額が所得税と個人住民税から控除されます。ただし、控除限度額には注意してください。

 寄附金額に応じた返礼品を恵那市の中から選んでください。(ふるさとチョイス)

 笠置町は寄附金を活用しまちづくりを進めます。

 

年間パスポートを購入するならば寄附しなきゃ損?ただし控除限度額には要注意

  1. ふるさとえな応援寄附金(ふるさと納税)活用事例

・笠置町に30千円寄付する。(28千円税控除)

・返礼品で年間パスポートセットA(年間パスポート+チョーク+チョークバック)を選ぶ。

・実施的に2千円でクライミングセットをゲット。

 

  1. まずは「ふるさと納税」還付・控除限度額を確認しましょう!!

ふるさと納税では、控除上限額内の寄附であれば、寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、所得税や住民税から還付・控除を受けられます。ただし、控除上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、ひとり一人が控除上限額を知っておく必要があります。

ふるさとチョイスにて控除上限額で目安が算出できます。

お問い合わせ先

 笠置地域協議会(笠置振興事務所内)☎ 0573273155

                    FAX 0573270005

 

岐阜県恵那市のクライミング・ボルダリングジム ボンクラージュ tete climbing